インプラントについてご説明しているページです。治療方法やインプラントの種類などをご紹介しております。

03-5646-0648

診察内容について

清澄白河歯科医院で行なっている診療内容についてご紹介します。
当医院では、虫歯を治療するだけでなく見た目の美しさも重視して整った完成形を目指しております。

インプラントについて

【写真】暗記ロスインプラントイメージ
当院ではアンキロスインプラントを
使用しています。

「インプラント」とは、歯の抜けた所に「人工の歯根」を植え、その上に人工の歯を作り装着する方法です自分自身の歯と同じ様に噛むことや会話することが出来ます。

インプラント手術は十分な局所麻酔のもとで行い痛みは抜歯と同じくらいです。手術自体は麻酔をして縫合終了まで短くて1時間かからない程です。(症例により異なります)入院の必要もありません。

【写真】インプラントの構成

【写真】インプラントの流れ

術後2~3か月(骨とインプラント体の結合を待つ)して上部構造物(人工歯)を装着します。

インプラントは普通に歯磨きをし、半年または年一回の定期健診だけで、長期に渡って使用できます。
インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。また当院ではクレジットカード利用が可能です。インプラントは適切なアフターケアを行えば、長期的に渡って機能しますので、その分一概に高いとはいいきれないものがあると思います。

このような悩みをお持ちの方にお勧めします

  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
  • ブリッジする為に健康な歯を削るのに抵抗がある。
  • 抜けている歯が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯が気持ち悪くて使えない。
  • 入れ歯を支える針金(バネ)が見えてしまい気になる。

※インプラント治療が適さない場合もありますので希望される方はご相談ください。

ブリッジ治療との比較

【写真】ブリッジのイメージ

  • 歯がない部分の前後の健康な歯を削らなければならない。
  • ブリッジの土台となる歯は歯の抜けた部分に掛かる噛み合わせの力を負担しなければならない。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう
  • 物がつまりやすいのでケアを怠ると歯周病や虫歯になりやすい

インプラントなら

  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます
  • 歯がない部分の前後の健康な歯を削らなくてよい。
  • 歯のない部分にインプラント治療するだけでよい。インプラントが本来の噛み合わせの力を十分支えてくれる。

入れ歯との比較

【写真】入れ歯のイメージ

  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
  • 金属のバネが見えて、見栄えが良くない
  • 金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除しないと虫歯や口臭の原因となる
  • 粘膜を覆う部分が多いので、装着時に違和感を感じる方が多いです。
  • 発音しずらい場合がある。
  • 固い食べ物では、上手に噛めない場合もあります。

インプラントなら

【写真】インプラントのイメージ

  • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がありません
  • 特別なケアの必要がありません
  • 自分の歯と同じように骨に固定されているので、発音などの違和感がありません
症例1
【写真】インプラント1(ビフォーアフター)
治療期間 4ヶ月(通院数8回)
アンキロスインプラント 2本
上部構造 ハイブリッドセラミックス
費用 71万4000(税込)
症例2
【写真】インプラント2(ビフォーアフター)
治療期間 4ヶ月(通院数8回)
アンキロスインプラント 1本
上部構造 ジルコニア
費用 40万9500(税込)

歯が破折され来院、抜歯と同時にインプラント埋入した症例です。
アバットメントにジルコニアアバットメントを使用

アンキロスインプラントについて

デンツプライ三金社が提供しているインプラントシステム、ANKYLOS(アンキロス)の最大の特徴は、ジルコニア製のアバットメントに対応していることです。一般的なインプラント治療におけるオールセラミックスはアバットメントがメタル製だったため、歯肉が薄い場合や退縮した場合に金属が黒く見えてしまいました。しかし、ジルコニア(酸化ジルコニウム)製アバットメントは、メタルを使用しないため審美性の高い治療を可能にします。

酸化ジルコニウムは、スペースシャトルの断熱保護材、人工股関節の球状骨頭部など様々な用途に用いられています。高強度であるだけでなく、過酷な条件下での優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性を持ち合わせた材料です。


ジルコニア製アバットメントを使用した
オールセラミックスのインプラント治療


一般的なオールセラミックスの
インプラント治療

アンキロスのインプラントは、人体にとって親和性が高く異物になりにくい純チタン製です。純チタンは既に人工関節や人工心臓などに使われるなど、安全性の高い医療用材料としての実績があります。純チタンが拒絶反応を起こすことは、まず考えられません。

このページの先頭へ