PMTCについてご説明をおこなっているページです。手順などもご紹介しております。

03-5646-0648

診察内容について

清澄白河歯科医院で行なっている診療内容についてご紹介します。
当医院では、虫歯を治療するだけでなく見た目の美しさも重視して整った完成形を目指しております。

PMTC

PMTC(P・M・T・Cとはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略 )とは、簡単に言うと歯磨きしても落ちない歯の汚れ(タバコのヤニや茶渋など)や細菌の巣(バイオフィルム)を、歯科衛生士が 専用の機械によって強力に取り除く方法で歯と歯の間など、自分では磨きにくいところや歯磨きのくせでよく磨けていないところもきれいに磨きます。

なぜPMTCが大事か

虫歯や歯周病の原因の1つにプラーク(歯垢)があります。歯と歯ぐきの間や歯ぐきの境目などは、毎日きちんと磨いていても、磨き残しを完璧に防ぐことは、なかなか難しいものです。日本人成人の80%が歯周病といわれているように完璧に磨けていない方が多いのが分かるでしょう。こういった理由から、虫歯や歯周病が進行するのを防ぐために、私たち歯科衛生士が専門器具と特殊ペーストを用いて、隅々にわたり徹底したお掃除を行います。

虫歯の原因となる細菌は歯の表面に“細菌バイオフィルム”と呼ばれる薄い膜を作り増殖していきます。ちょうどお風呂のヌルヌルと同じです。 “細菌バイオフィルム”ができてしまうと、日常生活のブラッシングで除去することは不可能となってしまいます。厄介なことに、抗菌性の薬も弾き返してしまうほどの強さをもっています。 PMTCは“細菌バイオフィルム”を物理的に取り除くとができます。

PMTCの手順

  1. プラークの染め出し

    汚れているところが、患者さん自身によくわかるように、プラークの染め出しをします。赤く着色したところがプラークです。

  2. ブラッシング

    その後衛生士がブラッシングを行います。プロの衛生士がブラッシングを行ってもプラークは残ってしまいます。ブラッシングで取れないプラークはバイオフィルムと呼ばれる頑丈な細菌の膜です。バイオフィルムは特殊な器械と薬を使い除去するしかありません。

  3. バイオフィルムの除去

    低速の回転器具により、(もちろん痛みはありません)バイオフィルムを完全に除去します。専用のラバーカップやブラシを使い歯の表面や間を清掃研磨します。また専用のフロスを使い歯の間の汚れをとる時もあります。非常にきれいで歯の表面はつるつるします。患者さん自身もとても気持ちが良いようです。

  4. フッ素塗布

    クリーニングが終わったあとに、歯全体にフッ素を塗ります。歯表面がきれいになったのでフッ素が浸透しやすくなっています。フッ素を塗ったら、そのまま3分間放置します。よりフッ素を浸透させるためには、とても重要です。その後、30分間はゆすいだり、飲食はしないようにしましょう。これにより、虫歯を予防する効果がさらに高まります。

PMTCは歯をきれいにするだけでなく、虫歯予防ができるのが大きな特徴です。

※歯石の付着がある患者さんはPMTC前に保険治療での歯石除去が必要となります。

保険診療でのクリーニング

  • 歯石除去
  • 歯表面の着色除去

※保険診療での歯石除去は3割負担で2000円前後です。

保険外でのPMTC

  • 専用の器具、研磨ペーストを使い歯と歯ぐきの境目(歯肉縁下1~2MM)を研磨しバイオフィルムを徹底的に除去
  • 歯の間も専用のフロス、器具を使い清掃研磨
  • 清掃後に高濃度フッ素塗布

治療時間・費用

人により個人差あり30分~1時間ほどで行うことができます。費用は全部の歯で5250円です。

本当にPMTCの効果を得たいならば3~6ヶ月に1度、定期的に行うことをオススメします。

虫歯や歯周病になったときの苦痛や通院時間、治療費を考えたなら決して高くはないと思います。

何より、キレイで人に好感を持たれるような歯を手に入れられるのですから。

お問い合わせ

TEL 03-5646-0648

初めての方でもお気軽にご相談ください。一般保険診療も行なっております。
受付時間は午前・午後共に診療終了時間の30分前までです。

このページの先頭へ